リフューズプレス工法

リフューズプレス工法
refusepress

金子機工が導入する、リフューズプレス工法は、廃棄物を静的に圧縮して減容化する工法として開発されたものである。

 

工法的には、廃棄物中に貫入体(φ850~1500mm)を回転・圧入して、孔壁に圧縮するとともに、さらに上部から廃棄物をバックホウなどにより孔内に投入し、貫入体によって投入した廃棄物の再締固めを行い減容化を図るものである。

 


本工法の特徴として下記の点が挙げられる。

  • 貫入体の回転・圧入は油圧モーター駆動によるため、バックホウや施工機械など重機のエンジン音のみであり、振動・騒音は殆ど発生しない。
  • 静的圧縮工法のため、遮水シートや侵出水集配水管、ガス抜き管等の構造物に全く影響を及ぼしません。
  • 貫入体の回転・圧入には、高トルクの油圧駆動装置を使用するため、粗大ゴミが混入していても適用が可能である。また、廃棄物の種類、組成や締固め状態に合わせて貫入体(通常φ850~φ1500mm)を使い分ける。
  • 廃棄物の圧縮には、特別の材料を使用しないため無公害である。
  • 計画深度まで貫入体を到達させるため、改良(圧縮)が確実に行われる。
  • 延命化対策の他に、目的・用途にあわせて下記のような利用方法ができます。

 

  • 金子機工 リフューズプレス
  • 金子機工 リフューズプレス
  • 金子機工 リフューズプレス